器用になった左手

早食いを防止するため、一時期左手に箸を持って食事をしたことがあります。
思った通り不器用なので、早く食べることはできません。
それどころか、面倒なのでお代わりをしなくなりました。
これは大発見だと思い、早速友人に教えましたが、誰も実践しなくて少し寂しかったです。
結果的には一カ月で1キロ痩せました。
でも、二か月目になると左手が器用になり、元通り早食いに戻りました。
最初は上手く食べられなかった蕎麦も、普通に食べられるようになりました。
最近ダイエットを始めた母にこの話をすると、彼女も左手で箸を持つようになりました。
しかし、堪え性がなく30分でリタイアしました。
いきなり難易度の高い麺類だったのも、いけなかったのでしょう。
すっかり器用になった私は、マウスも電卓も左手で扱えるようになり、仕事の能率がアップしました。
同時に右で筆記できるので、かなり便利です。
残念ながらあの時落ちた体重は戻ってしまい、相変わらず早食いです。

ハッピーマジックの口コミはもう信じないで!