ピラティスでインナーマッスルを鍛え、えん麦のちからでカロリーを減らす。

ピラティスの良いところは、お家にあるもので、できること。 ヨガマットや小さめのバランスボール、チューブなどがあれば尚良いですが、マットの代わりにバスタオル、チューブの代わりにタオル、といったもので代用が きくので、道具をお持ちでない方でもすぐに始めることができます。 身体の奥深くにあるインナーマッスルを鍛えるので、しなやかなバランスの良い女性らしい身体つきになります。 独特の深い呼吸をするのですが、それによりホルモンバランスも整うので、体調を健康にしながら、運動を楽しむことができます。 なにかダイエットに良い運動を…と考えられている方がいらしたら、ぜひ試していただきたいのがピラティスです。食事も何かしたいとお考えなら、1食置き換えダイエットがお気軽でおすすめです。私は、えん麦のちからという低GI食品で注目を集めるオートミールを食べるダイエットをしました。朝のいつもの朝食をこのえん麦のちからをふりかけたり、飲み物にまぜて使うものなので、簡単でした。結果、1ヶ月で3㎏体重を落とすことができました。