三食とって十分に睡眠をとる私の健康法

現在57歳になる男性です。市場関係の仕事をしている為朝1:30に目覚め仕事をしています。いわば通常の人たちとは間逆の時間帯です。

昼~15:00位には仕事が終わっています。この仕事をしていると当然食事や睡眠が不規則になってしまいます。

 

若い頃は夜お酒を飲んで寝ずに仕事をしたり、忙しい日は食事抜きで仕事をしたりしていました。

 

仕事が終わった昼からは色々遊んだりしていました。しかし年齢を重ねるたび無理が利かなくなりました。

 

5年ほど前からは次の方法を守っています。食事は必ず3回とる。朝は6:00ごろ、昼は12:00ごろ、夜は18:00ごろとります。

 

これは忙しい時でもとります。最大の難関は睡眠時間です。当初の目標は毎日8時間でしたが、これは無理でした。

 

何故かと言うと朝1:30に起きるということは夕方の17:30に寝なくてはなりません。我が家の家族が自宅に帰宅してくる時間です。当然寝れません。

 

そこで考えたのが、昼に家に帰って昼食の後2時間寝て、夜6時間寝る方法をとりましたが、昼間は電話が頻繁に掛かってきて寝れませんでした。

 

そのため、電話のかかる関係先にショートメールの活用を私から勧めました。これが確立されるまでに6ヶ月ほどかかりました。今はほとんど電話は鳴りません。

 

その結果、昼に1時間30分の睡眠が確実に取れるようになり、夜は19:30~20:00に寝るようにして、これで日々7時間以上睡眠が取れるようになりました。

 

この生活を続けると体調万全です。夜お酒を飲みに行くときも20:00には帰宅します。仕事の都合や、家庭の用事で睡眠時間が十分に取れなかった場合は

 

翌日不足分をとります。これで現在飲んでいる薬は血圧の薬のみですが実際は飲まなくてもいいくらいに落ち着いています。

 

食事を3回とって、十分な睡眠時間を確保することが一番健康にいいことだと思っています。

 すっきりフルーツ青汁の効果は?